お見舞い 金額 相場 親

お見舞い金を渡す相手が親の場合の金額の相場について

スポンサーリンク

 家族や親戚や友人などが入院した際にはいち早く駆けつけたくなるものですが、まずはきちんと状況を判断することが大切です。
お見舞いの金額や品物、相手の都合などに気を配って相手に不快感を与えたり負担をかけたりしないようにしましょう。
お見舞い金の相場としては基本的には1万円以内といわれていますが親や兄弟や親しくしている親戚などには3万円ほどといった場合もあり特に親戚関係だとその家々での決まりごとが存在する場合もありますので注意しましょう。
一般的なお見舞い金の金額の相場としては親なら1〜3万円程度、兄弟や親戚なら1万円程度が相場の金額となります。
ほかにもお見舞い金を渡す場合には金額だけでなく注意しなければいけないことがあります。
代表的にあげられるマナーとしては4・6・9といった不吉な単語を連想させる金額を渡さないように気を付けることです。
渡す相手が外国の方の場合には13が不吉な数字とされている場合もあります。
特に連名で渡す際に合計金額が半端になってしまって4・6・9を含む金額を渡してしまう場合があるので気を付けましょう。

スポンサーリンク

お見舞い金を渡す際には相手によって金額の相場があります。
お見舞金は基本的に1万円以内といわれています。
ただ渡せばいいというものではなくこの相場を守るように気を付けましょう。
相場は渡す相手の心情を踏まえた上でのものです。
受け取った側のマナーとしてお見舞いの半分程度から3分の1程度の額でお返しをするというマナーが存在しますので、お返しの際の負担を考えてお見舞金の相場は守るように気を付けましょう。
ほかにもお金ではなくものを贈る際にも注意が必要です。
お見舞い品の定番としては花が一般的ですが鉢植えは根が根付くといった長い入院を連想させる、赤い花は血を連想させる、白い花は仏壇に飾る花というイメージがあるといった理由でお見舞いの際には避けるようにしましょう。
ほかにも椿は花の根元からぽとっと落ちることが首が落ちることを連想させるのでNG、香りの強い花は匂いが渡す相手だけでなく周りの人にも迷惑をかけるのでNGとされています。
これらのマナーは花屋さんならよく知っていることですので購入時に用途を伝えることをおすすめします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

親戚が入院した時のお見舞い金額の相場
お見舞いのマナーあれこれです。
義父・義母の入院お見舞い金の金額相場
お見舞いのマナーあれこれです。
祖母の入院お見舞い、その金額相場とは
お見舞いのマナーあれこれです。
兄弟が入院した時に渡すお見舞いの金額の相場はどのくらいなのか
お見舞いのマナーあれこれです。
手術や入院をした兄弟へのお見舞い金額とマナーについて
お見舞いのマナーあれこれです。